備前焼の試作品撮影

MIZUKO Takahiro

備前焼の窯元、山麓窯さんに試作品をお借りして撮影させていただきました。
備前焼は無釉で、酸化炎焼成による硬く赤みを帯びた味わいのある焼き物ですが、試作品は部分的に釉薬をつけ備前焼の味わいと、釉の景色を楽しめます。 また釉薬を付けた部分は滑らかな質感で、口当たりが柔らかになり飲み口としても使うことが出来ます。

撮影にあたって

やはり、釉薬の有無より差異と釉薬の景色がこの焼き物で見せたい部分だと思い差異と景色が一目で見られるよう若干左右に振り、景色にほんのりと乗っている色(ペルシャブルー釉薬はブルー、桜釉薬はピンク)を照明によって浮きだたせ、撮影しました。

また、どちらもきめの細かく滑らかな丸い形をしていますが、ペルシャブルー釉薬のほうに強い光沢があることから、差異の部分に照明を反射させ光らせることでこの器の持つ光沢感と丸みの演出を行いました。

MIZUKO Takahiro

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です