夏の夜を彩るカラスウリ

MIZUKO Takahiro

夏の夜にだけ咲く花

夜間に花を咲かすのは月下美人が有名ですが、カラスウリもドレスのような可憐な花を咲かせます。
名前で損してる気がしないでもない。
ちなみにカラスウリは名前にある通り、瓜科の植物です。

やや甘い香りを漂わせ、夜行性の蛾をおびき寄せるためだそうです。
主に花粉を運ぶポリネーターはスズメガ、ハチドリのようにホバリングする昆虫です。

使用レンズ

写真はいずれもSIGMA 70mm f2.8 dg macro artで撮影しています。
カミソリマクロと呼ばれた往年の銘レンズの後継として発売され、先代に勝るような切れの良さを持っています。
撮影倍率は1:1、ワーキングディスタンスは数センチのところまで寄れるため、被写体に影を落としたり接触させないよう気を使う必要があります。
撮影の際には、LED照明を使っているのであまり虫は寄ってきませんが、蒸し暑い夜間なので長袖・長ズボンでなければ蚊やアブの餌食になるのでご注意を。

@@wikipedia

カラスウリは10月から11月に赤い実を付け、それが草木の枯れた藪にあるので目立ちます。
実がついていれば複数のカラスウリを見ることができますので興味のある方は探してみてください。

MIZUKO Takahiro

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です